• HOME   >   
  • 小児歯科

お子様の歯が気になる方へ
~小児歯科~

北九州市小倉北区の歯医者「つは歯科医院」の小児歯科では、予防に力を入れた診療を行っています。
お子様の歯を虫歯から守るためにも、虫歯がないときからフッ素塗布などのケアを行うのがおすすめです。
お子様に安心して治療を受けていただけるよう、子ども専用の診察台で治療を行っています。ぜひお気軽にご利用ください。

乳歯の時期からのケアが大切です

小児歯科を活用しましょう

小児歯科を活用しましょう

乳歯も永久歯も生え始めの歯質は薄くいため虫歯にも弱く、未完成でもろいといってもいいでしょう。また、幼少時は自分でしっかり歯みがきすることもできませんので、親御さんのサポート(仕上げみがき)が欠かせません。しかし、歯みがきを嫌がられるようになると、親御さんがお口の中をチェックするのも一苦労……

そこで、ぜひ頼りにしていただきたいのが、小児歯科での定期的なケアです。お子様の歯の成長に合わせた適切なケアを受けられるだけでなく、治療が必要になる前の予防の段階で歯科医院に慣れることができます。慣れは将来ご自身が必要になった時に抵抗なく歯科医院に通えるようになるためにも望ましいことですので、ぜひ小児時代から歯科でのケアをお始めください。

当院では、お子さんの歯を虫歯から守りやすくするため、クリーニングやフッ素塗布、シーラントなどの処置を行っています。痛みは一切ありませんので、ご安心ください。

子ども専用ユニットでみんな安心

子ども専用ユニットでみんな安心

北九州市小倉北区の歯医者「つは歯科医院」では、ママと子ども専用のユニット(診療台)をご用意しています。キッズスペースの中に診療台があるため、遊びの延長で処置を受けられます。

また、保護者の方が治療を受ける際にも利用でき、隣でお子様がおもちゃで遊んだりDVDを見たりしている間に、治療を受けられます。もちろん、ご兄弟やご家族の方の待機場所としてもご利用いただけます。

子どもの成長にぴったりの虫歯予防を

乳児期

乳児期

歯ブラシの感触に慣れるためにも、歯ブラシをお口に入れる練習をしましょう。喉を突くことのないよう、ガードのついた歯ブラシを持たせるのもおすすめです。親御さんはしっかり見守ってあげることも忘れないでください。乳歯が生え始めたら、やわらかい濡れガーゼなどで歯についた汚れを拭き取ります。本数が増えるに従って、歯ブラシでみがくことに移行していきます。当院では1歳半健診と一緒に、フッ素塗布をおすすめしています。

この時期の注意点

乳歯の時期から虫歯になると、将来の歯の形成に悪影響を及ぼします。甘いものを与えるのはできるだけ控えて虫歯を予防しましょう。とくに、寝かしつけのミルク、果汁、乳酸菌飲料、スポーツドリンクなどの甘い飲み物はお口の中に糖分が残りやすいので要注意です。離乳食時期の水分補給は、水やお茶、牛乳などの糖分の少ないものにします。

3歳~

3歳~

自分で歯みがきをしたがる時期ですが、一人ではまだまだ十分にはみがけません。本人にさせる歯みがきは習慣づけと割り切り、毎日最低1回の仕上げみがきでフォローする必要があります。親御さんやご兄弟が歯みがきしているところを見せるなど、歯みがきを楽しいものと思える工夫をしましょう。定期的に歯医者さんで検診を受け、フッ素塗布やシーラントなどの虫歯予防処置の利用も検討しましょう。

この時期の注意点

お口の奥に乳臼歯が生え、歯が生え揃う時期です。何でも噛んで食べられるようになる一方、自己主張もできるようになり、甘いものをほしがるお子様が増えてきます。まだまだ補食としてのおやつが必要な時期ですので、甘いやわらかいお菓子ではなく、糖分の少ない、しっかり噛む習慣のつくような食品をおやつにしましょう。おやつには、スティック野菜やいりこ、おせんべいやおやきなどがおすすめです。

6歳~

6歳~

永久歯が生え始める時期です。また、お口の一番奥に、虫歯になりやすい6歳臼歯が生えてきます。6歳臼歯の噛み合う面には複雑で深い溝があり、ここへ汚れがたまると歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすいため注意が必要です。まだまだ永久歯も歯質が弱いため、毎日の歯みがきでは、フッ素入の歯みがき剤を活用すると予防効果が上がります。当院では虫歯予防のためには6歳臼歯が生えてきた時点で検診を受けることをおすすめしています。

8~9歳~

8~9歳~

乳歯と永久歯の生え変わり時期であるこの頃は、将来の歯並びや噛み合わせを見越して、矯正治療を検討するのに最適な時期です。この時期から矯正治療ができれば、将来、本格的な矯正治療が必要になったときに、抜歯しなくても歯並びを整えられる可能性が高まります。

お一人おひとり成長段階やお口の状態によって最適な矯正治療のタイミングや治療法は異なります。お子様の歯並びのご相談はお気軽に当院の矯正歯科の専門医にお寄せ下さい。

つは歯科医院の3つの小児歯科メニュー

フッ素塗布(1歳半~)

フッ素塗布(1歳半~)

歯の再石灰化を促すフッ素塗布は、虫歯予防に有効です。歯科医院で使用するフッ素は、市販のものより高濃度で、専門家の手で塗布されるため効果的です。また、塗布をすると虫歯になりにくい歯質になっていきます。当院では歯が生え変わる時期まで、定期的に塗布を行うことをおすすめします。

シーラント(3歳頃~)

シーラント(3歳頃~)

虫歯になりやすい奥歯の噛み合わせ面の溝を、あらかじめフッ素入りプラスチックでカバーします。すると、歯が汚れや細菌の侵入から護られ、虫歯になりにくくなります。シーラントは次第にすり減ってきますので、フッ素塗布同様、定期的な受診がおすすめです。

小児矯正(予防矯正)

小児矯正(予防矯正)

小児矯正では、お子様の身体が成長するパワーを活用して、正しい骨格の形成や永久歯の適切な歯並び、よい噛み合わせを目指します。乳歯の時期から、顎の骨と歯並びの成長をコントロールすることで、永久歯の健やかな成長を促しましょう。本格矯正が必要になったときに、抜歯リスクが軽減されたり、矯正治療期間が短くなるといったメリットがあります。くわしくは、矯正治療のページをご覧ください。

PICKUP !

被爆量の少ないデジタルCT・痛みの少ないレーザー治療

  • PICK UP!被爆量の少ないデジタルCT・痛みの少ないレーザー治療
  • PICK UP!被爆量の少ないデジタルCT・痛みの少ないレーザー治療

つは歯科医院では、撮影時の被ばく線量を従来のフィルム式レントゲンと比較すると約10分の1に抑えたデジタルCTを採用しています。また、処置時の痛みや出血が少なく、治癒促進効果が期待できるレーザー治療器も導入しています。お子様にも安心して治療を受けていただけます。