小児歯科

小児歯科で子どものころからのケアを

小児歯科を受けるメリット

小児歯科を受けるメリット

子どもの乳歯は未完成のもろい歯です。その上、子どもの
うちは歯みがきも上手に出来ず、みがき残してしまうことも
考えられます。お父さん・お母さんがチェック
するにも限界があるでしょう。

そこで、歯科医による定期的なケアを小児歯科で
ぜひ受けてください。虫歯になりやすいお子さまの歯を
しっかりクリーニングと、フッ素塗布やシーラントで
むし歯予防をして行きます。

子どもの乳歯は未完成のもろい歯です。その上、子どもの
うちは歯みがきも上手に出来ず、みがき残してしまうことも
考えられます。お父さん・お母さんがチェック
するにも限界があるでしょう。

そこで、歯科医による定期的なケアを小児歯科で
ぜひ受けてください。虫歯になりやすいお子さまの歯を
しっかりクリーニングと、フッ素塗布やシーラントで
むし歯予防をして行きます。

当院では子ども用ユニットを導入しています
当院では子ども用ユニットを導入しています
当院では、お子さまにも安心して治療を受けていただける
ように子ども専用のユニット(診療台)を設置しております。
DVDを観ながら、少しでもお子さまが気楽に治療できる
スペースとなっております。また、横にはご兄弟や保護者
の方が一緒に待機できるスペースがあり、
お子さまが安心して治療を受けられます。
当院では子ども用ユニットを導入しています
当院では、お子さまにも安心して治療を受けていただける
ように子ども専用のユニット(診療台)を設置しております。
DVDを観ながら、少しでもお子さまが気楽に治療できる
スペースとなっております。また、横にはご兄弟や保護者
の方が一緒に待機できるスペースがあり、
お子さまが安心して治療を受けられます。

成長に合わせた虫歯予防

乳児期
乳児期
赤ちゃんの口は敏感なので、いきなり歯ブラシを使って磨かずにまずは唇や頬に歯ブラシを当てしながら、慣れさせることから始めましょう。また、この時期から虫歯になると将来の歯の形成に影響を与えます。
歯が生え始めたら 6ヶ月ごろ~
乳歯は前歯から生え始めます。このころはまだ柔らかいガーゼなどで
拭いてあげるとよいでしょう。乳歯の本数が増えてきたら、少しずつ歯ブラシに慣れていきましょう。
食習慣で大切なこと
1歳を過ぎたら、離乳食に切り替えていきましょう。寝かしつけるためのミルク、果汁、乳酸菌飲料、スポーツドリンクなど、甘みがある飲み物を控えると、虫歯になるものを好きにならず、虫歯になりにくい口腔内環境ができあがります。離乳食の時期は、牛乳や水、添加物の少ない食べ物を与えましょう。
3歳ごろ~
3歳頃~
3歳くらいになると自分で何でもしたがります。本人に歯磨きをさせてあげて、仕上げ磨きでフォローしてあげましょう。また、お父さんお母さん自身が歯を磨く姿を見せてあげることも大事です。
食習慣で大切なこと
2~3歳くらいになると、お口の奥に乳臼歯が生えてきて、歯が生えそろいます。何でも食べられるようになり、甘いものも好んでほしがるようになります。やわらかいお菓子ばかりでなく、歯応えのあるおせんべいなど、噛む習慣が付くようなものを与えましょう。また、定期的に歯科医院で検診を受け、必要に応じてフッ素塗布やシーラントなど虫歯予防処置を利用されることをおすすめします。
6歳~
6歳~

6歳前後で永久歯が生えてきます。歯の一番奥に6歳臼歯が生えてくるのですが、この歯は溝が深く歯ブラシが届きにくいので汚れが溜まりやすくなっています。また、生えたての永久歯は虫歯になりやすいので、十分注意しましょう。6歳臼歯が生えてきた時点で一度検診を受けるのが無難です。

歯質が弱くむし歯になりやすいので、歯質を強くするフッ素入りの
歯みがき剤で、ホームケアをすると予防効果が上がります。
8~9歳~
8~9歳~
乳歯が永久歯に生え替わっていく時期です。歯並びや噛み合わせによっては、矯正治療が必要な場合もあります。矯正治療のタイミングや治療法については、歯科医師と十分に話し合って決めるのがよいでしょう。

当院の小児歯科メニュー

フッ素塗布(1歳半~)

フッ素塗布(1歳半~)

フッ素には、歯の再石灰化を促し酸からのダメージを防ぐ効果が
あります。歯科医院で高濃度のフッ素を定期的に塗布することで虫歯になりにくい強い歯質をつくっていきます。また歯が生え変わる時期でも
あるため、定期的に行ってください。

シーラント(3歳頃~)

シーラント(3歳頃~)

一番虫歯になりやすい奥歯の溝を、フッ素入りのプラスチックでカバーし、虫歯になりにくい状態にして予防します。

被爆の少ないデジタルCT・レーザー治療

被爆の少ないデジタルCT・レーザー治療

当院で使用しているデジタルCT撮影機は被爆線量を抑えたものであり、通常のX線量の1/10と少なく
患者さんへの負担を最低限にすることを考慮しています。
また、レーザー治療の採用により、痛みが少なく出血も少ないので、
お子さまに安心して治療を受けていただくことが可能です。

小児矯正

小児矯正(予防矯正)

成長途中の子どものうちから矯正治療を行うことで、正しい骨格の形成と
永久歯の歯並び、噛み合わせに導きます。 乳歯の時期からあごと歯列をコントロールして健康な永久歯の成長を促すことで、将来抜歯をするリスクが軽減するといったメリットがあり、また、本格矯正での治療が楽になったり治療期間が短く済んだりします。

子どものころから矯正を行えば、将来しっかりした噛み合わせで
健康を保つことができます。
【子供の矯正治療】詳しくはこちら

北九州(小倉・八幡・戸畑・門司・若松、その他近郊)で矯正歯科をお探しの際はぜひ当院へお越しください。

北九州(小倉・八幡・戸畑・門司・若松、その他近郊)で矯正歯科をお探しの際はぜひ当院へお越しください。

つは歯科医院情報 月~土9:00~13:00 14:30~19:30 木・日・祝定休日

つは歯科医院の地図

グーグルマップはこちら

〒803-0846
福岡県北九州市小倉北区下到津4-8-3
御幸マンション2F
  • ・小倉駅から車で10分
  • ・日豊本線「南小倉駅」から徒歩約15分
  • ・西鉄バス「下到津」「金田陸橋西」
    「東筑紫短大前」から徒歩2分

よくある質問

スタッフ紹介

つは歯科医院の姉妹サイト

矯正ブログ つは歯科 副院長

子供の矯正治療 こどもの予防矯正治療

みえない矯正 成人矯正のご案内

greeting 初めての方へ

スタッフ募集!

ご予約・ご相談はこちらから tel:093-591-3241

診療時間
9:00~13:00/14:30~19:30
(※木は13:00まで)

WEBからのご相談・お問い合わせはこちらから

歯科タウン

  • つは歯科医院の姉妹サイト
  • 矯正ブログ つは歯科 副院長
  • 子供の矯正治療 こどもの予防矯正治療
  • みえない矯正 成人矯正のご案内

ページトップへ